今日は書かないと思ったけど、やっぱり忘れないように書きます。

 

前にも書いたけど、私は毎日顔が変わっていっている。(と感じている)

なんか知らない人の顔みたいに感じる、自分の顔ってこんな感じだったけ?としつこいくらい本当に毎日びっくりしている。

 

鏡を見ることが怖くて、電車の窓に映る自分の顔が直視できなくて、電車の中で誰かと目があったり、街ですれ違う人と目があったりするだけで「え、顔になんか付いてるかな」「やば、変な顔してたかな」とかすぐ不安になってスーパーネガティブだった

 

最近は、「やっぱり可愛くなってるからみんな見ちゃうんだな」「ニコってしておけばよかったかな」とか余計なまでにほんの少しだけどポジティブに考えられるようになった

 

テレビに出ているかわいい人と自分との違いはなんだ?同じでは?似ているのでは?とアホみたいにいちいち鏡を見にいって、「いや〜あの人もかわいいけど、私も間違いなくかわいいわ」と思ったりしている(そして家族に「似てないよ」と突っ込まれる)

 

あの子も可愛い、私も可愛い、同じ、可愛い!と思うと心がふわっとなる

自分で自分の一番のファンになろうとこの間決意したけど、最近はうまくいっているし昨日より自分を許せている

 

少しずつだけど変わってきている、あとはもっと周りに感謝の気持ちを忘れずに

本当に今こうして生きていられること、嫌なことも含めて全てありがたい体験で

これから先どんなふうに誰とどこで何をして生きていくか全くわからないけど

大丈夫、どうせうまくいく、絶対に(周りの人たちも一緒に)幸せになるんだってわかるから、それまで私はただ自分を愛し周りに感謝し、日々を懸命にとことんとんとこ楽しんで生きるのみ!

 

くは〜温泉に行きたいな、おやすみなさい

どうせ大丈夫

どうせ大丈夫、どうせうまくいってしまうようにできているらしい私の人生。

これまでもいろいろあったけど、大丈夫だった。

何より、大丈夫だったから今ここに生きているのだなと思う。

 

生きていることに感謝、というと少し大げさになってしまうかもしれないけれど

今こうしてパソコンの前で(しかもこれは頂き物…)、携帯電話で好きな音楽を聴きながら、自分の思いを吐露する場所があり、電話したいと言えば時間を割いてくれる人たちがいることは本当にありがたいことだと思う。

 

全て当たり前ではないんだと何か大きいショックな出来事がないと

気がつけないにぶーい私に、見捨てることなくいつもこうして何度でも

与えて続けて、気にかけてくださる周りの人たちに本当に感謝します。

 

ありがとうございます。

 

 

さて、そんなどうせだ丈夫なんだ、絶対に幸せになれるんだと

昨日よりも少し強く実感している私が

「どうせ大丈夫なんだから好きなことをしよう」と思いついたことをここにメモします。(その後ろの矢印は、そのために何ができるかを追記したもの)

 

・横浜の近くに住む

→ 仕事場に近くて、安くて、横浜に近い物件調べる

・結婚式の前に歯列矯正をする

→矯正歯科について調べる、お金を貯める

ドレスコードを着て、おしゃれなクラブに行きたい

→どんなクラブがあるか調べる、一緒に行ってくれる人に声かける

・外人に尋ねられた時に英語話せるようになる

→去年やっていたみたいに、1日3行だけでも英語文を書く練習を続ける

・今年の冬、スキーに1回は行く

→スキーに行ってくれる仲間を探す、安くて近い山を探す、全部レンタルできるか調べる

・来年の夏、ウィンドサーフィンをする

→腕力が必要なはずだから筋トレをする、体幹を鍛えるためにストレッチポールを購入する

・来年の10月に台湾に行く

→パスポートを取得する、貯金、行きたい場所をリストアップしておく

ウクレレの楽譜を作る

→クリアファイルと用紙を買うところから始める

・本棚の整理

→古い雑誌はどんどん捨てる or 売る

・近々名古屋に行って、行きたいお店に行くのと美味しいご飯食べる

→仲間に声をかける、車で行くか夜行バスで行くか調べる、行きたいお店をリストアップする

・仕事で課せられたこと習得して、こなせるようになる

→まずは教材に手をつける、わからないことはすぐに調べてどこかにまとめておく(Googleドキュメント?)

Bリーグの観戦に行く

→日程調べる、一緒に行ってくれる人を見つける

ラグビーW杯を生で観戦しに行く

→サイトを見て日程を確認、チケットを確実に取る

 

願うだけじゃない、そのためにできることがあればなんでもする

あーやりたかったなで終わらせない

私は絶対に変わるし、そのための行動もする

自分だけが幸せになりたいんじゃない、周りのみんなも巻き込んで幸せになりたいからみんなで幸せになりたいからそのために私は変わりたい

 

いつか大切な人に、自信を持って好きですと伝えられる自分になりたい

今も大切な人たちに、自信を持って大切ですと伝えられる自分になる

そのために自分に自信をつけたい

 

何度も繰り返す、何度も落ち込んだりすると思うけど負けない

今の私は最高で最強なので、どんどん魅力が増して行く予感がする

 

今日も1日ありがとうございました

 

"I am awesome." 

私、イケてる

 

 

 

 

 

 

 

何度も実感する

9月に入った。

夕方の空気が完全に秋になっていて、どこか切なくて胸がぎゅっとした。

もうすぐ私はアイスを食べなくなり、シャワーを浴びるときに少しお湯の温度を上げる。

 

新しい季節が来るたびに、自分が何を着ていたか全く思い出せなくて「なに着て過ごしてたか思い出せないよう」などとぼやき、多分毎年同じような服装をしているんだと思う。

 

季節の変わり目のせいか、最近はどこか不安でどこか自信が(いつもに増して)無くなっていた。

 

そして、何度も何度も自分の思考を試されるような出来事があったり

気がつかない私に強めのインパクトを与えることが起きたりして

普段だったら落ち込んで終わるけど、今は少しゲーム感覚で自分の思考を変えてみることに挑戦している。

 

例えば、いつもは選ばないものを食べてみたり、

人のことを褒めてみたり、誰かの幸せを願ってみたり。

 

今までだったら自分・自分・自分とは???????

みたいになったらもう心が動かなくなるまで自分を責めて自分をいじめて自分を嫌いになって、そして悲しいことにそんな自分に安心していた。

 

今こうやって振り返っても、なんて自分に意地悪だったんだろうと思う。

そしておそらく自分に意地悪だった私は他人にもとても意地悪だったと思う。

 

5年前、東京に来たばかりの頃とにかく全てが憎かった。

すれ違う人のことを無性に殴りたくなったりするほど、心が荒んでいた。

 

あの頃のこと、1年前の自分のことを思い出してみても

今は随分と落ち着いていると思う。

 

不安を不安だと口に出して人に相談できるようになったこと、

それでも変わりたい、みんなで幸せになりたいんだと言える強さまで出て来た。

 

この間も書いたけど、やっぱり今の私を前より確実に好きになっている。

毎日一緒にいてくれて、こんな風に自分を振り返ったりできること

今までいじめて来たこと本当にごめんね。

 

これから自分も、周りのみんなも一緒に幸せになるために

自分と一緒に過ごしていきたいと思っているよ

 

あなたのセンスは誰のものでもなくあなたのものでつまり私のもので

唯一無二で本当に素敵な感覚を持っているんだと胸を張って言える(まだ心の中でしか言えないけど)

 

私が一番私のファンです

好きなものもっと自信を持って好きだって言いたいね

言おうね、言っていんだよ

 

私は私の撮る写真も紡ぐ言葉も服のセンスも物事の考え方も

誰かに対する優しさも少しドジなところも全て前より好きだよ

 

 

 

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. (Steve Jobs)


時間には限りがある、だから誰かの人生を生きることで自分の人生を無駄にしないで (スティーブ ジョブズ

 

 

自分次第、それを何度も実感させてもらえる9月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべては自分次第

覚悟を決めてから目に映るもの、出会うもの、テレビから聞こえてくる誰かの言葉全てに意味があって、自分に関係のあるもののような気がしてくる。

 

それと同時に、実は前にもこんなことがあったなと気がつき、自分は何かあるたびにこうして変わろうと挑戦して、でも変われなかったり、途中で忘れてしまったりして振り出しに戻っていたんだなと思って苦笑いしてしまう。

 

それでも、こうしてまた気がつき、変わりたいと奮い立ち、なんども挑戦させてもらっていることに本当に感謝したい。そして、以前よりも図太く、図々しく、前を向けるようになっている自分に気がついたりして。私は前より確実に私を好きになっている、よ。

 

 

先週、故郷から友達が遊びに来てくれた。

彼女は自分と似ている部分がたくさんあって、それで分かりすぎてしまうが故に少し遠慮をしていた部分があった。

 

でも、今回はたくさんたくさん話をした。自分がここ数日感じていたことや、これから変わっていくと決めたこと、これまで言えなかったこと、全部話した。

 

彼女は真剣に聞いてくれて、彼女らしい素敵なアドバイスもくれた。

一緒に幸せになろう、絶対に大丈夫だから、私はあなたが大好きだよと真剣に言う私をバカにすることもなく彼女は照れながらも、受け止めてくれた。

 

今回のきっかけになったこと、実は少しショックだったんだと言った私に彼女は「でも、今までそんな風に感じることがなかったあなたにきっかけをくれたんだから、きっと何か縁がある気がする」とまっすぐな目で言ってくれた。私は大切な縁を失ったかもしれないと思っていたけれど、彼女がそう言ってくれただけでとても救われた。そうなのか、そういう考え方もあるのかとハッとした。

 

私は、一つダメだと思うとそれまでの全てもこれからのことも全部無しなんだと思ってしまうけれど、彼女はそうじゃない、そういうきっかけをくれたんだから縁があるんだと言ってくれた。彼女はいつだって強くて優しくてかっこいいのだ。見た目は本当に可愛い女の子なのに、中身はなんていうか、時代を切り開いてきた義理と人情を大切にする紳士のようなそういう不思議な魅力のある子。とにかく私は彼女が大好きなのだ。

 

そんな彼女が帰ってしまい、今は少し寂しい。CM を見てゲラゲラ笑ったことを思い出してうるうるしてしまうくらい。

 

早く会いたいな。

次に会うとき、お互いきっとピカピカでもっともっと素敵なレディになっているね。

 

"Today is the first day of the rest of your life"

 

今日は残りの人生の最初の一日。

今日もたくさんありがとう。

明日もまたきっと新しい発見がある、そう強く感じる

 

 

 

 

 

 

comfortable sleep

はじめます。

 

すべては自分のために。自分が心地よく過ごすために、眠るために、よく笑い、よく食べ、そして好きな人たちに恥ずかしがらずに好きだと伝えるためにまた書きはじめます。

 

つまりこのブログは自分にとって自分と向き合うための場所であり、日常のメモであり、考えを整理する居心地のいい部屋になればなと思う。

 

私は、自分から行動することや、自分から人を誘うこと、とにかく自分から何かアクションを起こすことを滅多にしない。それではダメだ、と気がついた。チャンスの神様は前髪しか生えていないと言うように、チャンスは一瞬、その瞬間を逃さないためにも自分から考え、行動し、自分を常に信じられるようになりたいのだ。

 

もっと自分の判断に自信を持って、そしてガンガン当たって砕けたい。

嫌われたらどうしよう、間違っていたら、変だと思われたらどうしよう、恥ずかしい、、そんな気持ちとはおさらばしたい。

 

そんな自分を守りたいだけの心で、自分の周りの人への気持ちを伝えられず大切な場面で逃げてしまう自分はもうここに置いていくことにする。

 

逃げない。絶対に大丈夫なんだもの。

絶対に大丈夫。

 

私の好きなもの、私が選ぶもの、私がいいと思ったもの、もっともっと自信を持っていい。もっともっと人を好きになっていい。もっともっと幸せになっていいし、人に優しくしていい。できなかったら休んでいい。とにかく全部大丈夫なのだ。今の自分でいい。変わってもいい。いい方向に進んでいくとしか思えないこの無駄な自信があるうちにここに書いておく。

 

私は、きっと笑顔の素敵な女性になれる。

毎日を新鮮な気持ちで過ごすことができる。

 

"comfortable in my own skin"

 

常に等身大の素直な自分でいるために、私は私をはじめます。